カテゴリ:第4回 例会の御案内( 1 )

 

第4回 例会の御案内

とき : 11月7日(水) 18:00~20:00
ところ : 鹿児島国際大学 5号館 (福祉社会学部)3階 第2共同研究室 
      
報告者: 芝田 淳(NPO法人やどかりサポート鹿児島理事長/ なのはな法務事務所所長)
報告: 「貧困に取り組み始めた法律家」~ホームレス問題を起点として~

報告要旨

題:「貧困に取り組み始めた法律家」
  ~ホームレス問題を起点として~

1 法律家の不在

 ・法律家がもっとも必要とされている「路上」に法律家がいない
   法的アクセス権
   司法過疎
   法テラス
 ・だから,法律家はアウトリーチが必要
   机上から路上へ
   都市部での動き…巡回相談
   ホームレス法的支援交流会
 
 (ここで,路上での体験,おにぎりを握る司法書士,生保申請の失敗など)

2 (他方,「机上」においても変化が)法律家に対するニーズの変化

 ・切り取られた法律問題からその人の人生がかかった相談への変化
   典型は多重債務問題
 ・貧困問題へ
   ホームレス問題に取り組んでいた法律家たちが中心となって貧困問題への取り
組みが始まった
   (見える「ホームレス」⇒見えない「貧困」の発見)
   多重債務問題に取り組んできた法律家たちが貧困問題に目覚めた
   (多重債務問題の根本的解決を目指して)

3 福祉・ソーシャルワークとの出会い

 ・多重債務問題の処理←→ケースワーク
 ・多重債務当事者の会←→グループワーク
 ・相談会の実施,相談機関の設立←→ソーシャルオーガナイゼーション
 ・法律家は必然的に福祉の視点を持たざるを得ない状況に
 ・法律家は必然的に様々な社会資源とつながりを持つ必要がある状況に(ネット
ワーク)

4 今後の法律家のあり方(個人的見解)
(★2と3を通じて そこに「事件」があるわけではない。単なる状態としての「貧
困」。こうした単なる状態の問題に法律家が取り組むというのは大きな変化。)

 ・必要なところに出向く姿勢(アウトリーチ)
 ・顧客に「寄り添う」姿勢(ケースワーク)
 ・社会資源としての自覚・社会資源とのつながり(ネットワーク)

5 連帯

 ・生活保護基準の削減の動き
 ・反貧困ネットワーク
 ・生活保護支援九州ネットワーク・生活保護問題対策全国会議
 ・法律家だけではなく,学者・福祉専門職・行政職員・マスコミ等が連帯
 ・鹿児島ならではムーブメントを起こしたい

================
司法書士法人なのはな法務事務所
鹿児島事務所
司法書士芝田淳
〒892-0842
鹿児島市東千石町4番33号
フィオーレ東千石902号
TEL:099-814-8088
FAX:099-814-8089
nanohana@siren.ocn.ne.jp

[PR]

by hinkon-kenkyu | 2007-10-28 07:45 | 第4回 例会の御案内